HOT ROD 技術編 油圧配管 Plumbing

投稿日:

IMG_1253.jpeg

今やスクーター少年でも知らぬ者は居ないステンメッシュのエアークラフトホース&フィッティング。
これはレースで生まれたのでは無く純然たる軍用パーツANが礎になって居ます。第二次大戦で航空機、船舶のメンテナンスで日常的にAN規格に接して来た若者達の車好きが戦後に軍放出品屋サープラスストアで安価に購入して改造用に使い始めHOT RODの重要アイテムになっていきました。
同じく自動車レース界もエアークラフトパーツの耐久性に注目しこぞって取り入れました。
私も'70sにUSAに行った際には目の色変えてサープラスストアで高張力ボルト、フィッティング類を買い求めましたがその安さには狂喜したものでした。

IMG_1261 2.jpeg

37度テーパー角と云う独特な設計仕様はあらゆる用途に変換可能なシステムで現代のNASAでもAN規格を順守して居ます。
ミリ規格と混同使用してはなりませんが赤 青の色だけに惑わされずHOT RODでの使われ方を学べば当時の若者達の金は無いが熱い思いだけは との理解には入れると思います。映画アメリカングラフティでもその一端を垣間見れました。
ブレーキホースの取り回しでも LIL' JOHN の手法から学びスマートさを追求しました。フレーム内を通してキャリパーに行く手前でスプリントカーレースの必須アイテム クィックリリースを設定。これでキャリパーのみを取り出せます。

IMG_1254.jpeg

IMG_1257 2.jpeg

IMG_1255.jpeg

IMG_1263.jpeg

燃料タンクの左右バイパスでもヘリコプターの油圧連結が綺麗にフィットします。

最近 USAローカルの若手HOT ROD ショップから秀逸なバンジョーフィッティングを入手しました。
彼等はV8 インマニのヒーターホース取り出し用に見事な #8バンジョーを製作しました。
バンジョー内部に0-リング を仕込みステンレスインサートを組み合わせたものでした。

IMG_1264.jpeg

IMG_1265.jpeg

IMG_1266.jpeg

シャベルのTop End Oil Line にLIL' JOHN のガレージで見つけたフィルターを付けてみました。 #4 ラインでNASAの月面探査車に使われたタイプです。
だからどうと云う事でも有りませんが当時のエンジニアと同じ想いを共有したいが為です。

IMG_1268.jpeg

燃料タンクには膝の邪魔にならぬ様ホーリー4バレル用のバンジョーをあしらいました。
ホットロッダーの想いが次の世代の心に響いてくれる事を願います。

IMG_1270.jpeg

IMG_1273.jpeg