Vol.5-4 HOT ROD PAN

投稿日:

納車して数カ月、細部の煮詰めはオーナーの楽しみな作業ですが本人も四輪メカニック
として多忙な日々らしくやっと近況報告が届きました。
以前のEarly シャベルとは全く違う滑らかなトルクE/gになりバチもんジョッキーから
本物 O'd skoolジョッキーに進化? して操る楽しさが嬉しくて堪らない様子。

image1.jpeg

image2 2.jpeg

image2.jpeg

オーナーお気に入りのサラトガTOPより長く突き出たシュノーケルファンネル。
トルクを稼ぐ '60sの定番アイテムでした。昨今は見た目重視で限りなく短いファンネルが
主流と聞きますが笑止千万! 80年代初頭 RIVERA Eng,を立ち上げたばかりのメル・マグネット
が造ったSUキャブ最初のモデルを購入した記念に彼がプレゼントして呉れたファンネル
を次の世代のオーナーに託します。

image1a.jpeg

image2a.jpeg

image1 2a.jpeg

image1b.jpeg

私同様PANオーナーも TV映画 The California Kid が大好きでしたが劇中ガソリン入れる場面で地元の不良達が目ざとくHot Rodの足回りを見つけ これは何? と尋ね主役マーチンシーン(地獄の黙示録)が自慢するでも無く新型のサスペンションだよ と答えるのは琴線に触れました。これこそがHOT RODの何たるかを語る素晴らしいシチュエーションでした。
ボロ、錆び々で旧車然としたヴィンテージもどきのエセロッドでは無くひたすらワンオフ・ベストを目指して追い求める姿にエールを贈ります。続いてオーナーにショートインプレをお願いしましょう。

image1 2b.jpeg