Vol.5-1 '67 Ma Deuce 再び

投稿日:

IMG_0164.JPG

20数年前に知人を介してカスタム車レストア依頼が有りました。聞けば事故死した兄の形見なので自分が乗り継いで行きたいとの兄弟話に動かされました。
しかしH-Dは全くの素人な為に劣悪極まるチョッパ−では楽しむどころでは無い訳で時間さえ都合つけられるならばフレ−ムから全ての構成部にかけて新しく初心者用に創りあげるプランを用意しました。
信頼して貰え壊れないチョッパ−を大まかなポジションの希望だけ受けてのプロジェクトになりました。コンセプトは私が決め一生ものを目指す事の責任は重く感じてスタ−ト。
色は最初からオリ−ブドラブに決めてホットロッドハ−レ−の王道を進みました。USAのロッダ−はこの色から誰もが軍用ジ−プを思い浮かべます。私にとっても同様で特に最上位は後部にブロ−ニング50口径重機関銃を据えたモデルでした。
第二時大戦の若き兵士達はこの50口径を Ma Deuce(マ・デュ−ス 悪魔のおふくろ)との愛称で畏敬の念を抱きました。
イメ−ジはこれです。

tumblr_ndjq94gzao1qlz8tco1_1280.jpg

20年後 突然の連絡が入りハ−レ−は何の不満も無く快調でしたがここらでOH兼ねて次のステップに進みたいとの申し出にビックリ!
更に驚かされたのは現在は四輪メカでチ−フとして頑張っている近況、しかもFord 32年デュ−スにはまり現在3台目のデュ−スとの事。

IMG_2971.JPG

昔の記憶ではインパラ ロ−ライダ−乗り回していた怖いもの知らずでしたが大人になり家庭を保つ姿に成長したのは亡き兄の分迄頑張ったおかげでしょう。
そんなこんなで更なる高みを'67ア−リ−に求めるとの気合いの入れ様です。
真っ先に受けた相談内容は恐る々 ながら腰上をパンが希望だがデチュ−ンとなるのは望まないとの真面目な注文でした。
それならばと私の方からホットロッドの処方でストックPAN より上のレベルでまとめてはどうだろうか と逆オファ−を申し入れました。意味は違えどマ・デュ−スがデュ−スフリ−クに可愛がられたのはこの上無い幸せだろうと感じたからです。
思えば20数年前 まだアメリカでも純正レプリカフレ−ムが出現していなかった時にスウェ−デンのブロ−ダ−ナ・エドランドに依頼してストロ−カ−フレ−ムを'67ア−リ−用に特注した気持ちの高まりがフツフツと湧き上がります。誰もやって居ない領域に踏み込むのはロッダ−としての情熱が有ればこその想いからです。Ma Deuceが再び浮上します。
進化した新しいテクノロジ−を旧いE/g に注ぎ込むのに何の迷いも有りません。
先ずは現状チェックですが肝心のクランクは初心者特有のノック症状が見られますが当時 大きなダメ−ジを受けてたフライホィ−ル内側をドラッグレ−スの手法で強化対策したプレ−トは全く異常無く持ち堪えていたのに我ながら感激しました。よもや20数年後に自分で再び開けて見る事が出来たのはメカニック冥利に尽きます。
当然バランスマスタ−もOBはまだ始めて無かった時期なので今回は改めてフルメタルジャケットです。

CIMG0424.JPG