E/g 解析 その1

投稿日:

CIMG4446.jpg軽量クランクと油圧経路の改善による前人未到の領域を目指すエクスペリメンタル・プロジェクトです。
クランクケ−スは'80s〜'90sに掛けハイパフォ−マンスの分野で最先端を走ったコロラドの雄 House of Horsepower製をチョイス。
高精度の加工はケ−ス合わせ面にきつめのノックピンで強度UPを計り小径フライホィ−ル用にスクレパ−プレ−トを厚くカサ上げてシリンダ−内がオ−バ−オイルにならぬ設計。この後ピストンオイラ−加工に入る予定。
フライホィ−ルはこのケ−スに合わせ改造。純正80" シャベル用を限り無く軽量化を計る為に外径は .25" 減らし幅はピニオン側と等しくさせ円周部はフリスビ−の形状を取り更にビッグエンドへ向かうオイルを増やすべく中空に仕上げ。
コンロッドはレ−ス用キャリロを軽量加工とポリッシュ、小端部はテ−パ−状にしてピストンピンをDLCコ−ト。フリクションロスの徹底解析を計ります。
ピストンは KB 3-5/8ボアでこれからTOPにパワ−ノッチ加工を施しWPCコ−トの予定。
シリンダ−はZEL製でヘッドガスケット面に0.3ミリの段差加工を施し吹き抜防止。ベ−ス面にストロ−カ−プレ−トを装着予定。
ヘッドはSTDパンをベ−スに完全に作り変え高回転に対処。バルブシ−トリングはベリリウム・カッパ−の使用で熱対策。ツインプラグにはデコンプ設定。
ロッカ−ア−ムにはシリコンブロンズでハイカム対応を計ります。
ビッグブロッグV8を想像させるワンオフPANカバ−はジェッスィジェ−ムスが造るも完成を見なかったプロトタイプを譲り受け模索中。ジェッスィと機械屋が打ち合わせ中の手書きもそのままの状態。私が想いを受け継ぎましょう。

CIMG4447.jpgCIMG4448.jpgCIMG4449.jpgCIMG4451.jpgCIMG4453.jpgCIMG4454.jpgCIMG4455.jpg

CIMG4456.jpgのサムネイル画像CIMG4457.jpgのサムネイル画像CIMG4459.jpgCIMG4460_2.jpgCIMG4461.jpgCIMG4462.jpg