巨星 墜つ

投稿日:

JJand.jpg7b57054c7e3d775af4db7153ef665694.jpg7a3dee653d6890120419790cc28dd200.jpg

08年 USAホットロッド、レ−ス界に衝撃が走ります。コマ−シャリズムの観点でアメリカンHot Rod を単なる趣味では無く車両メ−カ−が参考にするレベル迄引き上げた功績の Boyd Coddington がガンで没します。
奇しくもその一週間後、Boyd の親友でアドバイザ−としても密接協力関係に有った全米を代表するプロトタイプ Hot Rodビルダ− LiL' John Buttera が脳ガンで亡くなり更なる驚愕がネット上でも広がり非凡な才能を惜しむ声が続きました。
リトルジョンに学び '92にウエストコ−ストチョッパ−を開いた J ジェ−ムスは病床の L ジョンを見舞い最後のアドバイスとして 夕陽を見る事を忘れるな と諭された話を語りました。
享年67歳でしたが余りに偉大な天才のリトルジョンはハ−レ−社からも熱いラブコ−ルを受けてデザイン部門に招かれ実験製作を指導し成果を残しています。
現在日本でも人気の RSD( ロ−ランドサンズ)もリトルジョンのデザインから多くを学んで後に続く一人になっていますので亡き天才の足跡を紹介しましょう。

'70s に INDY-500レ−スマシ−ンをエンジニアとして設計、その後プロストック、ファニ−カ−のドラグスタ−を手掛け著名レ−サ− ミッキ−トンプソンのサポ−トもする生粋のレ−ス屋でした。メカニックとしてもファブリケ−タ−としても超一流を極めて東部ウィスコンシンでは輝かしい実績を残します。しかし天才とは常に前進するもので個人的な趣味だったHot Rodの世界に転進する為 Calf.に引っ越す決断をします。
デザイナ−としての才能を発揮する Boyd とワンオフ・プロトタイプ製作の天才が出会えたのは両者にとってこの上無い幸運だったのでしょう。
工房で自らCNC CAD を操りアルミブロックから削り出すリトルジョンの設計・加工は機械屋の視点では無く レ−シングメカとしてのすば抜けた着眼からで工業デザイナ−の域を遥かに超えるものでした。 Boyd はその才能を見抜きアルミホィ−ルを量産販売するヒントを享受して成功します。守備範囲を広げる HOT ROD by BOYDS は J ジェ−ムスを中心にハ−レ−
のカスタムパ−ツも手掛け出していきます。狙いはボルトオンのハイエンドパ−ツで設計はリトルジョンに依頼します。
これでハ−レ−に興味を持ったリトルジョンは自身オリジナルのカスタムバイクを造り出してEasyrider 誌で絶賛を受けるヒット作になります。
従来のバイカ−思考とは異なるホットロッダ−の視点・発想は独創的でセオリ−であるトップマウントも省き E/gがスライドしてベルト張力をアジャストする為後輪アクスルは固定式。何より驚かされたのはフロントフォ−クで 80年代最新最強のホワイトパワ−倒立を選び有ろう事かフォ−クボトムとキャリパ−を一体化して削り出したのである。
現代でも倒立フォ−クのボトムはチュ−ブと分解不可が常識の設定であるのに・・・。
リトルジョンが追い求めた理想は凡人の私には高い壁の様に思えましたがカスタムワ−ク
の目標としては素晴らしい夢でした。
参考迄に最後の作品 A型フォ−ドのハイボ−イをモチ−フに現代版としたオ−ルアルミのボディー、足周りに驚愕して下さい。タイヤ以外全てワンオフ削り出しです。

26d2818c1b6c82057527d67b910d94c3.jpg