2004/12/28 STROKER-KID メカニック修行のはずが....ヒロ川口'80sUSA珍道中その後

新しいシ−ズンに入って間もなく突然ジョ−ジちゃんがオレンジカウンティのアパ−トに現れた。"よっ! 元気だったかぁ。残りのギャラを渡しに来たぜ " 戸惑うオレを気にもせず入り込みテ−ブルの上に$20札の分厚い束を置いた。"あんな事になったから割り増しで$3400 払うよ " 少し不機嫌だったオレもキャッシュ積まれた途端に " コ−ヒ−飲む? " とポットを電気コンロに置く変わり様。ジョ−ジちゃんの説明は予想外の流れでそんなにオレを信用してもいいの? って感じで聞いたが後にそれ程重大な事になるとは夢にも・・・。差し障りが有る部分は省く事にしてジョ−ジちゃんの語る素性はオレには飛んでも無い衝撃だった。シカゴでケチなドラッグディ−ラ−だったジョ−ジちゃんはギャング同士の抗争で罠にはめられ罪を引っ被る事になり35年の求刑に追い込まれギブアップ。そこに近づいたのがFBIで80年代最大のシンジケ−トだったNYのガンビ−ノ・ファミリ−を調べてたが守りが固いのでシカゴのNO 2を落とそうと画策していたらしい。チャイニ−ズ・ギャングに繋がりの有るジョ−ジちゃんは貴重なコマとして浮かび上がり、彼等得意の司法取り引きをエサに一応放免を持ちかけたとの事である。勿論選択の余地も無く死ぬ迄刑務所暮らしは誰だって嫌だろうし・・・。当時のFBIは裏取り引きで政府の与り知らぬ現金決済をしてた様で数十万ドルのトレ−ラ−をジョ−ジちゃんに貸し与えたと云う。でもジョ−ジちゃんによれば決して密告屋とか犬では無いらしくあくまでもガンビ−ノを追いつめる突破口だけの約束だと云う。でも付けられたコ−ドネ−ムがDESERT DOG (恩知らずの野良犬) とは皮肉な話しで正義感なんてこれっぽっちも無いジョ−ジちゃんにはピッタリだとオレは思った。
今回のアルバカ−キの一件はロ−カルの情報屋からDIA(連邦麻薬捜査局)が勝手に飛び出して監視していたFBIを慌てさせたものらしい。結局、上層部の話し合いで隠密裏にジョ−ジちゃんは証拠不十分として釈放になったが早すぎるとギャングに疑われ命が狙われるので2カ月もモ−テルに閉じこもっていたらしい。" じゃオレが貰った金もFBIから? " びびりながら聞くと笑って " 違うよ、九竜ギャングから取り引きで儲けた分け前さ "   " ところで今回ヘリを使うので前に聞いていた腕の良いパイロット紹介してくれないかな "  それはウチのクル−のジェイクの従兄弟でプロペラ戦闘機のエアレ−スをやっているジョッシュが農薬散布のサイドビジネスをしている事を以前何かで話した事が有ったからだった。 " ジョッシュはいい奴だからやばい運び屋の仕事は紹介したく無いなあ " と言うと " ドラッグじゃ無いよ、銃を分解したパ−ツだけだから捕まらないぜ " じゃ明日連絡取ってみる とその日は別れたが見送りに駐車場に降りていくと見慣れたHEMI ク−ダに青いCALナンバ−付いていた。オレはジョ−クの積りで "これってHot Stuff(盗難) ? "  ジョ−ジちゃんもジョ−クで " It's RIGHT STUFF (選ばれた人)! " と返して来た。

2004/11/13 ツトム

執行猶予付きの判決をもらい悶々としていたある日、父親が死んで自由に使えるカネが出来ました(お父さん有り難うございました)、当時の私が26才位で2千万の遺産でした、早速ロスアンゼルスのフライトスクールでビザを申請してOK、旧友がバンナイズでやってるヘリ学校へ入学(パトロン(保証人)の白人へ2万ドル払うと5年のステイパミットがもらえます、但し滞在期間は入国時に任意に決められます)、ここだけの話ですが(全然ここだけじゃ無いWebで露出してるぞ)20年位前はヘリのフライトスクールでビザ取る不法滞在者は多く、確か語学留学より身分が上なんだけどパトロネージして頂くのでカネが掛かりますが確実、最近の米国テロ実行犯も使ったスニークインU.S.Aで有名になった手口です、特殊技術取得ビザが降りればアメリカで必要なすべてのステータスが手に入ります、ソーシャルセキュリティー#、ドライバーズライセンス、バンクアカウント、e.t.c.。 留置場で見た夢を実現する積もりで学校通い始めました、初めて乗った機体はロビンソンR22、ティアドロップ(水滴)形キャノピーの二人乗り、E/gはライカミング水平対向4気筒361cu'I、パイロットの背に大きなフィンが刻まれたシリンダーヘッドが左右2ヶづつむき出しています、排気量をccに換算すると約5800cc 。最高速180Knot/時速約200Km大分遅いなーと意外に思いましたが軽量な機体は素晴らしい運動性能です。チョッパーでワインディングを奔るあの開放感、同じ空冷レシプロE/gですがヘリにはセンターラインも速度規制も無く3次元のマニューバーが描けます、オトコの子なら誰でも虜になるハズで私には衝撃的でした。始動はキックではなくセル一発ですが3段階にRPMを上げながら暖気します、その間にVOR発信器をON、VFRラジオで管制塔に離陸許可を申請します、Hericopter42-B north west corner request trucks west deparcher....。 するとタワーから OK 42-B at your own risk 管制官は必ず最後にこう付け加えてパイロットを脅します 離陸を許可する、その代わり自分の責任で飛びなさい、おれは落ちても知らない。ちなみに航空無線ではYESはアファマティブ、NOはネガティブと返事します。いやが上にも緊張感が高まり飛び立つ前にはいつも汗びっしょりです。慣れてくると悪い事を考えるのが私の良い所で..どーしても試してみたくなりましたグラスを吸って操縦出来るか否や、身もココロも同時にトンでみたい..。ロスアンゼルスのSimiバレーはランチ(牧場)やハリウッド映画の撮影用セットが沢山ある砂漠で何処にでも降りられます、西部劇のセットに着陸してジョイントを巻きました(又かい)。あたまがグルグルになるまで吸って機体をPicked up しました、少しタキシングがふらふらするけどOKです(ぜんぜんOKじゃ無い)、無事にバンナイズ飛行場まで帰って来ましたがさすがにシラフに戻ってました。次に挑戦したのは高層ビルの屋上ヘリパッドへの着陸、ランディングスキッドだけアスファルトにヒットしてすぐ逃げる作戦です、3回成功しましたがその後FAAにバレて学校がひどく叱られたらしい、すみません先生。レシプロを卒業してその後ジェットのクラスへ移りますがJet E/gの乗り物はより高性能で複雑な計器類、私の手にあまり、いたずらする余裕は有りませんでした。

2004/9/20 ツトム

26歳になった誕生日私は横浜伊勢佐木町警察の留置場に居ました、当時中華街の地下にあった雑居房の天窓からは毎晩美味しそうな胡麻油の臭いがしてきて..エキゾチックな所でしたね色々と、麻薬取締り法違反で約1ヶ月拘留された間に色々勉強させて頂き今では笑い話ですがその時私の頭ん中は明日のジョーで...落下傘やネジリン棒..etc..やばいねー。文字道理のOut Law達とご一緒させて頂いて(自分の事はアウトローと思っていない)色々な人間、オトコを発見しました。 なんつったて一番カッチョイーのはやくざのあにぃで彼らは塀の中でオトコを上げます、一緒の部屋になった幹部は差し入れを全部皆に上げてしまいます、出てきたら事務所へ来いとか俺の弁当も食えとかやたら優しくて、取り調べの刑事は人でなしに見えてしまいます、検事調べの為検察庁へ護送される時には手錠をロープで繋いで電車ゴッコのように歩きます、これが結構イヤな仕打ちで奴隷のような屈辱感です、検事は豚のように太っていて手にはロレックス、コカインの出所と仲間の名前を教えれば刑を軽くすると持ちかけます、うそうそ、判決は裁判官が決めるのにー。牢屋の中での楽しみは三食の飯だけです、カン弁(タダで食えるのり弁みたい夜飯と食パンとジャムの朝。昼間は取り調べで管轄の刑事課で出前が食えるとラッキーでした。なぜ捕まったか..この話も皆で盛り上がります、私の部屋には詐欺師とヤクザ、ポン中がおりまして私の身分は低かったんですがなぜか気に入られ何度もなんで捕まったか聞かれました、当時の新聞に大きく六本木麻薬シンジケート捕まると書かれましたが、実際にはシンジケートなんて無くてクラブで働く女が一番高く買うから六本木で売ってただけなんです、まだ子供だったもので何も考えずその日暮らしでした、当時は霞町のTool'sバーの近くに住んでいて輸入卸業を営んでいましたがこの事件でやはりLAへ帰る事になりました。留置場でヤクザのあにぃが読んでいた航空ファン(私の部屋という雑誌もあったな..)という雑誌を見て私はヘリコプターのパイロットになる事にしました...。勝手に決めても出来ないものは出来ません、動機が不純ですからライセンスだけ取り挫折する事になります、朱に染まれば赤くなるとか母親に聞いた事ありますがやはり教訓を活かせなかったようです。風呂は週2回、毎日3時にオリの外に出され、運動の時間が15分あってそのとき面倒見と言ってタバコを吸わせて?もらいます、 じろりと周りを皆が見渡します、オレより悪い奴はどいつだ〜って感じですね怖いね。しばらくすると共通の敵(警察)を持つ同士になり所謂同じ穴のむじな状態です。普通は所轄警察署の留置所の最長拘留は22日間で以降小菅などの拘置所へ移されますがなぜか私は40日拘留された後、拘置所には収監されずに釈放されました。担当の刑事さんにペコリ、伊勢佐木署を出てからヨコハマスタジアムの周りをぐるぐる周り尾行が付いてないか確認してからシェーキーズのピザ屋へ入り大ジョッキを注文して考え込みました、さーてどうやってLAへ行くか.......。

80年代USA、H-Dドラッグレースのメカニックとして全米を転戦する彼に何が起こったのか.....。

2004/9/1 Hiro Kawaguchi アディヨス、DD

予期せぬ出来事とはうまく言ったもので夕陽に染まる絶景リオグランデ川沿いにトレ-ラ-を走らせていた時にそれは起こった。明日のアルバカキでの取り引きが楽勝に終わると信じジョイントをきめラジオから流れるテキサスブル-スに心地よさを感じていたら突然 " ダブルD!! ハンティングの知らせだ! ポイント・・・にコ-ルしてくれ! " " テン-4 ! 何が起きた! " ジョ-ジちゃんも珍しく声が荒くなってやり取りしていたが数十秒の沈黙後、決心した様子で " ヒロ、密告のトラブルが有ってアルバカ-キのSWATとDIA(連邦麻薬捜査局)が動き出した。Rock'n Roll が始まるからヒロはサリナスで降ろすのでホテルを取ろう" " ジョ-ジちゃんはどうするの? " " 今オレが逃げたらオレが密告屋にされちまうし、命狙われるちまう"後で聞いたのだが Rock'n Roll とはSWATがマシンガン乱射しながら一斉突入する様を言うらしくそんな目には絶対会いたくない。" でもDIA が乗り出すんじゃ大変な事になるんじゃないの? " オレが心配するとジョ-ジちゃんはビビル様子も無く " 大丈夫さ、ヘロは少しだけ持ってケチな取り引きに見せ掛け後はファッキンFBIが揉み消しに入る"オレはそれってどうなってるの? と云う感じである・・・サリナスのホテルで降ろされた時 " ヒロ、このバッグに30グランドと大事なキ-が入っているから10日程待っててくれよ。金は幾ら使っても構わない。もしかしたら代わりの奴が迎えに来るかも"幾ら使っても・・・と言われたってこんなプエブロインディアンの居留地(観光地) じゃ何も無いし、兎に角プ-ルで日光浴して待つ事にした。当時は全てを知っている訳じゃ無いからある意味気楽な状況だったし足代わりに降ろしてくれたHEMI Cuda が充分誘惑してくれた。 (ドアの内側にしまった40ポンドOVERのヘロインさえ無ければ ) とは云え、混ざりっ気の無いピュアなヘロはどんなもんかとの誘惑も勿論有りほんの少し試したが猛烈に吐いてダメだった。それをクリヤすれば天国と ジョ-ジちゃんも言ってたけどアレはつらい。それにしてもバラク−ダの燃費の悪さにはタマゲた。まだ有鉛ハイオクがふんだんに使えた時代であるが後ろに廻ると排気管から目が チカチカする程濃い排気ガスがアイドル時でも普通だった。この暴力的な加速は何に例えたら良いのか、ボンネットが身震いしながらロケットスタ−トするのでいやでも緊張感は高まる。タイヤが全くグリップ失う感覚が唐突に来て、真直ぐ走らせるにはかなりのテクニックを要するがひとたびアメリカ特有の路面に縦スジの入ったフリウェイに入ると路面がグリップしてくれるので強烈なGを体感出来る。このクライスラ-HEMIとフォ-ド428 コブラジェットE/gが自分の中で最もアメリカを表していると思っているがもう現代では走らせる事など夢になっている。約束の10日を過ぎてもジョ-ジちゃんから連絡も無く焦りが出始めた頃、突然ホテルにパトカ-が来てCOPでは無い様子の奴が面会に来た。初めて出会ったFBI である。ジョ-ジちゃんの身柄は間もなく釈放されるがFBIの事情聴取が有るのでバッグと車を渡してLA に帰ってくれと云う。ついては空港まで送ってくれるとの事だがこっちは不法滞在をつかれたらどうしようと思っているので言われる通りにしか選択肢は無い。
でも説明ではジョ-ジちゃんは無罪放免との話しなのでキツネにつままれた様な思いではあるがアルバカ−キを去る事にした。慌てる余りグラスをホテルのトイレに流す小心者のオレだった・・・

メニューへ
過去のコラムへ 7
6
5
4
3
2
1