ある日 e-Bayでナックル純正のスターハブ16"Wheelを 5本"Buy it now"(即決価格)で落札してしばらくすると4本はちゃんと届きましたが、その内の1本のハブが曲がっていました。普通は自分が泣いて終わりですが、この時はたまたま暇にしておりましたので早々にクレームです。デジカメで曲がった所の画像を撮ってメールに添付しました、”ハローこの野郎、あんたが送って来たホイールのハブが曲がってんじゃん、なめんなよヤンキー、返金するか悪い評価をポストするか、どっちだよー、てめーふざけんなよお HAVE A NICE DAY !トム”。翌日ヤンキーから返事が来ました、”それってえー 治せないの? 致命的なの? へいポン人どーしてほしーのだメーン、俺スターハブ沢山持ってるからさー ナイスワンを送るからカモーン、メーン”。

”おめーホントーかよー、本当に純正のスターハブ沢山もってんかよー ざーけんなよー東部の田舎モンが、だーらシロートはイヤ。 えっナックルも8台持ってる 家の裏のBARN(蔵)にもフラットヘッドやPAN、アドや純正部品がー バカヤロー 早く言えよ。   スミマセン、、ほんとーに持ってたんですね、それもすごーく沢山、色々、あれもこれもちくしょう、、ごめんなさい 私の勘違いです。

L.A.からシカゴまで飛行機で約4時間、ウイスコンシン州の州都マジソンまで約1時間乗り継ぎ東海岸時間2時間の時差がプラスされ日本からは約18時間、行って来ました今回の旅も相棒はL.A.のシラセイズミです。エリックはミルウォーキーから約3時間の山の方に入った片田舎に彼はすんでいました、おじいさんからの3代に渡るHarley-Davidsonのコレクターです。おじいさんはフィリピン人でWW2当時からナックルを乗り回していたHDフリークで、エリックはアイオア州で生まれ何年か前にウイスコンシンへ移り住んだそうです。

彼らのコレクションに私がとても興奮するのはその内の何台かを彼が買わないかと言い出したときからです。”Heyトム 私は好き 現金 あなた持って来る アメリカ ナックルおまえ買う best regerds!”ちょっと待って下さい、そんな事言われても困ります、ウイスコンシンて何処だー、えーとマジソンだー、それどこ?    普通マジソン(Madison)といえば映画マジソン群の橋を想像するでしょけど違います、あちらはフロリダ州でこちらはウイスコンシン州の州都のマジソンで、ミルウォーキーから車で3時間、シカゴ(イリノイ州)からも車で約4時間ですよ、そんな事言われてもこまりましたが行く事にしました、とにかく冒険の旅へ。

2009年12月25日 "BARN FRESH"  ウイスコンシン州 マジソンのコレクターを尋ねて
メニューへ戻る
過去のコラムへ戻る