バランスマスター日本総輸入元

最新理論によるバランシングテクノロジー

JUNK-MOTORは日本で唯一、オールドバイカーの技術提供により、バランスマスター正規輸入販売のライセンスを取得しました、カルフォフニア州ノースリッジに本拠を構える、SUNTECH INOVATION技術研究所、バランスマスター社は、世界中に次世代のバランシングテクノロジー、バランスマスターを供給しています、今迄は、V-TWIN、カスタムクローム、S&Sなどの、メジャーパーツサプライヤーや、H-D正規ディーラーでしか入手出来なかったパーツですが、今回、極東、日本における総輸入元となり、国内の正規H-Dディーラー、及びカスタムショップの皆様に、アメリカ国内での代理店仕入れ価格を下回るプライスで提供出来る事となりました、現在、代理店を募集しております、地域でバッティングの無い様に枠を限定させて頂きますので、御興味お有りのショップオーナーの方の早めのお問い合わせをお待ちいたしております。
アクティブバランス テクノロジー、回転上昇を妨げる不快なパルスを吸収しエンジン自体の寿命を飛躍的に延ばします。さらに最高速も確実にUPします。
CL100 CL100 SC606 CL100 CL100
SC606
バランスマスターShovel用セット、ストックプライマリーにボルトオン、SC606/CL100 EVO用スポーツスター用も有ります。
Gold Eagle BB458 BB100 CL100
CL98B
コンペンセーター、エンジンダンパー付き、一体型のコンパクト設計
ミッションプーリー用、ミッション自体の負荷軽減
各種ベルトドライブ専用、1.5"~3"エンジンの負担が大きいベルトドライブだからこそ必要
Fly Wheel バランスマスター 究極のフライホィール軽量バランス
BALANCE MASTERS U.S.A.
 ロケット開発から生まれた、新しい理論の流体による回転制御をいち早く特許実現化したSUN-TECH社による商品名、バランスマスター。 従来の手法は穴を開けたり、重りを装着する固定バランスが大半で特に低回転域は犠牲になっていました。 この弱点を克服しようと登場したのが近年のカウンターバランス方式で、主にチェーン駆動で新たなウエイトをエンジン内部に設計します、ハーレーの最新88Bエンジンも同様です。当然エンジン外観は大きく、重くなりますが効果はかなり広い回転域を制御可能になります。 しかしこうした移動或いは固定式のメカニカル バランスでは取りきれない回転域、特に急激な回転の上昇、下降(アクセルワーク)では制御不能を避けられ無い為、全回転域の、50%前後しか押さえられません。

 そして登場したのが、全く新しい理論のアクティブ バランス(可変式)の考えでリキッドメタルと呼ばれる水銀を母体にした重金属を特殊Oリングに封入させ、極めて緩やかに流動させ振動パルスを吸収する仕組みです。驚く事に全回転域の実に80%を確実に制御します。今迄は不可能であったアイドリング時の不快な振動パルスを見事に吸収する為、ミラーやナンバープレートの振れが納まる事で実感されます。誤解しないで頂きたいのは、吸収するのが不快な周波数パルスだけでエンジン自体の鼓動感、特徴は変化しません。各種ブラケット、ステーが折れたりボルト、ナットが緩み脱落するのは、上記の不快な振動パルスが原因なのを御理解下さい。

 ハーレーのクランクバランスを20年以上に渡り取り組んで来たオールドバイカー/ヒロ川口がどんなにバランスファクターを詰め、コンピューターを導入して理想に近付け様としても限界を感じ、到達したのがこの新しいバランスマスターです。 フライホィール自体に埋め込むのが100%の効果ですが、低コストでボルトオンのプライマリー関連の商品もラインナップしており、同様の効果が得られます。エンジンダンパー或いはフロントプーリーとクラッチハブ用のコンビネーションです。テストは5年間ハーレーだけで無く、BOTTレーサーヤマハSR400/500のクランクにも埋め込みトライしました。試乗した人は異口同音に、”こんな物で何故効くの?”と驚きます。ハーレーで旧車レースをされる人にはニューウェポンの登場です。不快なビリビリ、パルスを味と勘違いしている人は御遠慮下さい。

 アメリカ本国ではEVO以降の100インチ大排気量チューンが定番化したのに伴い、制御出来なくなった、従来のダイナミックバランスからバランスマスターの必要性が認知されております。しかも利点として一度取り付ければ、ピストンサイズの変更に関係無く永久に制御します。

 世界最大のトラック輸送UPS(アメリカンパーシャルサービス)社でも、全トラックのホィールに新車からリングを装着して、燃費始め、メンテナンスコストの削減に効果立証しています。

バランスマスターに関するQ&A
メニューへ戻る
お問い合わせは junkmotor.com まで。